医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/06/11
データ提出加算の取扱い/200床未満の療養・回復リハ病棟も届出を

 厚生労働省より、令和2年度におけるデータ提出加算の具体的手続き等の取扱いについて、事務連絡が発出されています。

 令和2年度の診療報酬改定により、許可病床数が200床未満の保険医療機関においては、療養病棟入院基本料及び回復期リハビリテーション病棟入院料5又は6に係る施設基準の1つとして、データ提出加算の届出が追加されています(※)。そのため、令和4年4月以降も引き続き当該入院料を算定するためには、経過措置期間中である令和4年3月31日までにデータ提出加算の届出を行う必要があります。

※ 療養病棟入院料及び回復期リハビリテーション病棟入院料5又は6に係る届出を行っている病床数が200床未満であって、かつデータ提出加算に係る届出を行うことが困難であることについて正当な理由がある場合を除きます。

 具体的な手続きの内容等は、以下のサイトでご確認ください。


参考:
 厚生労働省事務連絡「令和2年度における「データ提出加算」の取扱いについて」PDF


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
税理士法人KJグループ
 (久保総合会計事務所)
 〒536-0006
   大阪市城東区野江4-11-6
    TEL:06-6930-6388
    FAX:06-6930-6389
 
 
ホームページロゴ3